院長 志村広草
(しむらひろしげ)

生まれも育ちも江南市。院長の志村広草です。医療系国家資格を取得するための専門学校3年、整形外科、整骨院での5年間、計8年間の修業期間を経て、地元江南市に志村接骨院をオープンしました。

わたしはとても諦めが悪く、負けず嫌いで、しつこい性格です。こんな性格は損だと思っていました。しかし、今はこの性格でよかったと思っています。

このお仕事をさせていただいていると、様々な症状の方に出会いますが、簡単な症状ばかりではありません。どんな症状でも必ず治しますとも言いません。しかし、この諦めの悪い性格を活かして、今までの知識や経験、技術を最大限に発揮し、現状での最善の選択肢をを患者様に提案することをお約束します。

もちろん、手に負えるもの、負えないものはあります。ただ、今の症状で、他の病院、接骨院、整体院でなかなか満足のいく結果を得られていない方は、一度、ご相談ください。もしかしたら、こんな選択肢は知らなかった!そうだったのか!と思っていただけるかもしれません。

知らないだけで損する人を減らしたい

例えば、ヘルニアで腰痛があり手術を勧められた方や、股関節付近が痛く、股関節の生まれつきの形状の異常があると診断されて、完治には手術が必要と言われた方、
五十肩と言われてリハビリ専門病院に通っても一向に良くならない方、関節の軟骨がすり減り、注射や痛み止めしか方法は無いと言われていた方々。

そんな方々がほんの数回の施術や対応で噓のように楽になることがあります。これは嘘でも盛った話でもなく実際に起きたことです。一体どんな神業を使ったのか?
どんなゴッドハンドの持ち主なのか?そうではないのです。

腰椎にヘルニアがある方の腰痛がヘルニア由来とは限りません。股関節の形成不全がある方の股関節痛が必ずしも股関節由来とは限りません。
その五十肩が本当にただの五十肩とは限りません。軟骨のすり減りの対応は注射だけではありません。

僕はただ、盲点となるような、それでいてよく考えてみたら当たり前ともいえるような選択肢を知っていただけなのです。
そしてより多くの方が当院を知っていただき、皆様の人生がより良いものになることを強く望みます。

資格

  • 柔道整復師(医療系国家資格)
  • 動きケアⓇパーソナルトレーナー
  • Formthotics Authorized Medical Adviser
  • 運動器リハビリテーションセラピスト

経歴

  • 60年以上の伝統がある学校にて確かな基礎を身につける
  • 柔道整復師免許 取得
  • 卒業後は一日300名以上来院される整形外科にて、様々な症例を経験
  • 医師も出席する学会で凍結肩に対する徒手療法についての論文発表
  • 志村接骨院 開院
  • 開業後もさらなる成長の為、勉強会やセミナーに精力的に参加

院長の生い立ち

こんにちは!志村広草です!
ここでは私がどのように育ち、どのような経緯で志村接骨院をオープンさせ、現在に至ったかを、お話しさせていただきます!

ちなみに左下の赤ちゃんが僕です。右の女の子は私の姉です。上の女性は母です。

泣き虫でおじいちゃん子だった幼少期

2つ上の姉がいる僕は、お姉ちゃんが大好きで、いつもついて回っていたそうです。母と一緒に姉の幼稚園バスのお見送りに行くと、自分もバスに乗れると勘違いして、毎日泣いていたそうな。

そんな泣き虫な私は、大のおじいちゃん子でした。いつもおじいちゃんのひざ元で、「となりのトトロ」のビデオを、ヘビロテしていたそうです。

このころから、くどくてしつこい性格は変わらないようですね。(笑)

小学校時代

小学校2年生からスポーツ少年団に入ります。このころから野球少年なら誰もが一度は夢見る、「プロ野球選手になりたい!」と思うようになりました。

土日は毎週一日中練習。暑い日も寒い日も、雨の日も練習はありました。最高の仲間に出会い、かけがえのない、濃い時間を過ごしました。

実はこの時すでに、痛いところがあれば近所の接骨院にお世話になっていて、「ここにこれば安心」と子供ながら、感じたのを覚えています。

ちなみに今でも、この時の仲間と草野球チームを作り、日曜日には野球やゴルフに行きます。この時代は仲間の大切さを学ばせていただきました。

中学時代

小学生時代に引き続き、プロ野球選手になりたい!と思っていた志村少年は、迷わず野球部に入部希望を出します。

小学生の頃は、どちらかというと控えめな性格で、あまり率先して前に出るタイプではありませんでした。

その為、このタイミングで、「自分を変えたい!」と思うようになり、勢いもありましたが、なんと野球部のキャプテンに立候補しました。

入部したてのメンバーは僕の野球の実力を知る由もなく、当時はガタイも良い方だったのもあり?なぜかそのまま野球部の1年生の中の代表になってしまいました。(のちのキャプテン)

正直、当時の野球の実力は今思えば、チームの中で中の下。そして今まで控えめで、リーダーに程遠いキャラクターだった志村少年は、やはりキャプテンという役割に苦戦します。

僕らの代は、個々の実力を見れば県大会でも戦えるレベルと言われていました。しかしキャプテンである僕の力不足や、我の強いメンバーが集まったのもあり、なかなか意見や方針もまとまりませんでした。

みんな口を開けば、喧嘩、喧嘩、喧嘩、、、。それだけみんな本気だったんですね。

そのまま野球部のキャプテンとして大した結果も残せず、中学野球生活を終えました。

三年生になると本格的に進路を考えるようになります。そしてその頃には薄々と気づいていたことがありました。

「流石にプロ野球選手なんて無理だな」そしてさらに思ったことがあります。「野球よりも陸上の方が結果を残して将来につながりそうだ」

当時、僕の中学校では、駅伝部というものがありました。これは、常に活動する部活ではなく、年に数回ある駅伝大会の時だけ発足されるものでした。要するに各部活動の中から、実力のある子を集めて作られるのです。

実は、志村少年は駅伝部のAチームのレギュラーとなり、尾張の駅伝大会で区間新記録を出すなど、意外と頑張っていました。

そして中学3年の夏、人生を大きく変える転機が訪れます。顧問の先生の顔の広さもあいまって、なんと愛知県の中で当時、圧倒的強さを誇っていた豊川工業高校陸上部が主催する、合同合宿に参加することが出来たのです。

その合宿のきつさは今でも覚えているくらい、当時の自分にはハードなものでした。合宿では、トレーナーの方が来てくれて、ケアをしてくれる機会があり、合宿所の廊下に並んでいたところ、、、覇王色の覇気をまとった人物がこちらに近づいてきました。(ワンピースを知らない方はすみません)

そうです。愛知県最強を誇る、当合宿主催、豊川工業高校陸上部監督、渡邊先生です。ぎらついた眼の奥には、力強いエネルギーを感じました。

先生は、たまたま最後尾に並んでいた志村少年を見つけると声を掛けました。出身校の話や、ベストタイムの話を聞かれたりしました。そして、「あ~、あの学校の子か。結構頑張ってるようだね。」自分の学校のことを、認識してくださっていることが嬉しかったのを覚えています。

「うちにくるか?」最強陸上部監督からの突然のお誘い。もしかしたら、今思えば深い意味はなかったのかもしれません。しかし、当時の志村少年の気持ちを奮い立たせるのには十分すぎる出来事でした。

それからは、高校では豊川工業に行き、全国高校駅伝に出場するんだ!という野望をいだき、豊川工業高校に進学を決めました。

高校時代

高校入学後は江南市から豊川までは通えないため、陸上部の寮に入り、寮生は9人いました。寮から学校までは片道18kmで、自転車で通学することになりました。自転車通学中は寮生メンバー9人でしっかり1列に並んで猛スピードで自転車をこぎます。

18kmの道のりを遅くとも40分ほどで学校に到着していたのを覚えています。この時、先頭で走る人を1,2年生の中で当番で回していました。先頭で引っ張る人の自転車のペースや、どの道を選ぶかによって5~10分程、到着時間が変わってきます。それによって、よく先輩から怒られていたのを覚えています。

もちろん朝練があるので、朝の5分は本当に大きかったです。学校につくと、駐輪場に自転車を置き、走って部室に向かいます。リュックをしょったままです。移動はかけあしというルールが部内にあったのです。

18kmの道のりを猛スピードで漕いできているので、入学当初はその時点ですでにバテテいました。部室で着替えて朝練に行きます。朝練ではまず二人一組を組み、グランドの端と端に立ち、お互いに直近の大会の目標を叫び合います。そうしたら、その目標を達成するために本日の練習で何を意識して行うかを叫びます。お互いに相手の声がしっかり聞こえたら、両手で〇を作ります。

その後、懸垂逆上がりを10回。出来ない場合は、できるまでやります。できるまでその日はその後の練習には参加させてもらえません。1年生は大体ここでつまづきます。

はじめはほとんどの1年生が懸垂逆上がり10回ができず、鉄棒の周りにうろたえていました。今思えば、初回にできないのに、筋肉疲労が起こった状態でその後、その日に出来るようになる訳がないのですが、そんなことは通用しません。

数週間経つと、徐々に1年生でも10回できるようになってきて、やっと練習に参加する人が増えてきます。そこで最後まで残る人間は初めの”ターゲット”になります。

できないことをできないままにする奴は、練習など参加する権利はない。そういう暗黙の了解がありました。初めは1年生同士、比較的仲が良かったと思っていましたが、徐々にお互いがお互いを監視し、牽制し合うようになったように感じました。

そうして始まった、怒涛の強豪陸上部生活。今でも朝、部室まで走って移動する夢を見る時があります。大人になってから同級生の陸上部の子に聞いたら、同じような夢を見ると言っていました。

それからはとにかく無我夢中で食らいつこうと、毎日必死でした。授業が終わり夕練が終わって、また18㎞の道のりを自転車で帰ります。ご飯の準備の当番がある人は、何が何でも1番に帰らなければなりません。もちろん寄り道する暇なんてありません。そうして寮に帰宅し、まずは2グループに分かれてお風呂に入ります。

先輩方と入る為、ここでも全く気が抜けるタイミングはありません。(というか帰省するとき以外、気が休まるときは一度もありませんでした)

むしろ、緊張感がなくなるときというと、怖い先輩や同級生がいない空間。そう、授業中です。授業中は、全く緊張感なく、最もリラックスしていたかもしれません。そうするとどうなるかというと、、、

ぐっすり寝ていました。もちろん全ての授業で居眠りしていた訳ではありません。しかし、半分くらいは寝ていたと思います。余り信じてもらえないかもしれませんが、居眠りしても、ほとんど注意されたことがありません。それだけ隠れるのが上手かったのか。違います。陸上部はなぜか、先生方も注意してこなかったんです。

今思えば、おかしい話ですが、先生方も陸上部に気を使っていたんだと思います。陸上部に気を使っていたのか、陸上部監督に気を使っていたのか。どちらなのかはわかりませんが、事実として、一回も注意はされませんでした。ほかのメンバーも一緒です。

専門学校時代

専門学校では

修業期

専門学校卒業後は、様々な症例をみたかったこともあり整形外科に就職しました。
学会発表、勉強会、なかなか厳しくも素晴らしい環境

そして現在

志村接骨院開業

受付 志村惠子(しむらけいこ)

資格等

経歴

経歴

メッセージ

こんにちは!はじめまして、